SIMULATION OF IMPOSSIBLE
ON THE COLLINEAR AND REFLECTED ON THE WATER
IN SEARCH OF COLOUR
1/8
SPACE NOISE CALLING
LAND
STILL LIFE COMPOSITION
“AN ACCOMPANIMENT OF LIFE “

THE KNOT OF MERIDIAN
INAUDIBLE FOOTSTEPS
REPORTAGE !
SOME SMALLNESS COMING FROM LAND
THE FOCUS
INITIAL VAPOR
EMBLEM
A CASTLE BUILT UPSIDE DOWN
THEIR BIRD
CINEMA OF STUFFING
A CHILD BURYING DEAD INSECTS


simulation of impossible
(2017-2018/ Sound/ 2 min)

Rei Hayama listened the recorded singing sound of real Loxia (wild bird) in about 20 times slow-motion, and carefully interpreted it in Japanese and practiced. Forexample Hayama sang absurd words like this: "Yada! Yada! Yada! (Hate! Hate! Hate!)", "Iruno? Iruno? Irundayo! (Are you there? Are you there? You are there!)" and "Ufufufufufu Uso! (he he he he he, it's a lie!)". Then she recorded her singing and make it sound in about 20 times faster. This artificial imitated sound of Loxia has played in the forest around rural Leon, in northern Spain, and re-recorded. There many wild birds are responding to the "not natural" Loxia sound. It sounds almost fantastic to talk with birds at a glance. But on the other hand, the situation allows us to imagine that the real Loxia and other wild birds might be frightening because of human's misunderstanding to the wild bird's communication method. There is a fear of the violence and the panic that might be caused by a false report and one-sided or intrusive comprehension that results from physical and cultural differences, and of course difference between species.

This sound piece is collaboration work with LEVE and made for the LEVE edition 6.

LEVE is an artistic association founded in 2010 by artist Esperanza Collado and Rafael Martinez Del Pozo, to create and offer a space for production in a natural environment of rural Leon, in northern Spain. Annually, LEVE edits sound publications on 10" 45rpm vinyl conceptually inscribed in the idea of field recording. The sound editions gather together sound works made by invited artists according to a set of rules related to site specificity and time of recording.

Official website of LEVE



simulation of impossible
(2017-2018年/サウンド作品/2分)

葉山嶺は、まず本物のイスカ(またはロキシアと呼ばれる野鳥)の録音された鳴き声をおよそ20倍のスローモーションで聴き、その音を慎重に日本語に翻訳して歌う練習をした。例えば葉山は次のようなおかしな歌詞をうたっている:「やだよ〜!やだよ〜!やだよ〜!」「いるの?いるの?いるんだよ〜!」「うふふふふふ うそ〜!」。次いでこのイスカの歌声の模倣を録音したものをおよそ20倍の速さにしてスペイン北部のレオン周辺の森林で再生し、その様子を再録音したのが本サウンド作品である。そこには多くの野鳥がこの「不自然な」イスカの歌声に反応する様子が記録されている。鳥と話す事は御伽話のように聞こえるが、その一方で、野鳥のコミュニケーション方法への人間の理解不能のために、実際のイスカや他の野鳥が感じている恐怖の可能性をも想像させる。ここには身体的、文化的、そして種の違いに起因する誤報や、一方的または侵入的な理解によって引き起こされうる暴力とパニックに対する恐怖がある。

このサウンド作品はLEVEとのコラボレーション作品であり、2018年リリースのLEVEのエディション6のために制作された。

LEVEは2010年にエスペランサ・コラードとラファエル・マルティネス・デル・ポーゾによって創設されたアート・アソシエーション。北部スペイン郊外、レオンの自然環境での芸術作品制作のためのスペースを提供している。毎年、フィールドレコーディングの概念基づき10 "45rpmのビンテージ・サウンド・パブリケーションを発表。サウンド・エディションには、招待アーティストら場所の特異性や録音時間などルールに従って制作したサウンド作品がまとめられている。

LEVE ウェブサイト(英語/スペイン語)



Image of loxia by NEW COLOR ENCYCLOPEDIA 1970.