The Pearl of Tailorbird (installation)
(2018/ 13 channel HD video & 14 channel sound installation/ dimensions variable)

"The Pearl of Tailorbird" is the multi sound and video installation that like a one forest or a labyrinth. In this work, Rei Hayama down the speed and pitch of the recorded sound of the birdcall of 14 different kinds of birds that seen in Hong Kong until it becomes an artist's own voice tone. And she translated each birdcall into Japanese (which is artist's own mother language) and sang. The sound, the hidden message and the videos that inspired by the poem of the 14 different birds are sewing a new shape of the story. It is one of the way to build relationships with the natural world.

Solo Exhibition: Empty Gallery, Hong Kong, 15 Dec.2018 - 26th Jan.2019


裁縫鳥の真珠
(2018年/HD/13チャンネル HDビデオ & 14チャンネル サウンド インスタレーション/サイズ可変)

『裁縫鳥の真珠』は、ひとつの森や迷路のようなマルチサウンドとビデオのインスタレーションです。 この作品で葉山は、香港で見られる14種類の野鳥のさえずりの音を自身の声のトーンに近い音程と速度へ変換し 、その音を日本語(アーティスト自身の母国語)に翻訳して自分自身で歌いました。 14種類の鳥の詩、音、そこに隠されたメッセージ、そしてそれに基づくビデオが新しい物語を縫い上げていきます。 それは自然界との関係を築くある一つの方法です。

個展: Empty Gallery, 香港, 2018年12月15日-2019年1月26日