Cinema of Stuffing
(2010/16 mm film / edit and complete in video/11 min)

The film was shot in a actual scenery left in the urban life. The leading character, one human (a girl), picks up a small package and opens it. She finds another package inside, so she opens it again. There is bigger package inside.... She opens it again and again and again. Soon, the package becomes bigger than human and this small human turns to drawing of a stone. Story is ritualistic throughout the film, and its soundtrack was made by Japanese onomatopoeia. There a cinema is insisted as an artificial thing of time and story.


剥製の映画
(2010年/16 mm フィルム/ ビデオで編集、完成/11分)

大都市の中に残された自然風景の中で撮影された映画。 主人公である小さな人間が、地面に落ちていた包みを拾い、それを開けると中からまた包みが現れ、またそれを開いてみると更にまた別の包みが出てくる…ということが一連の儀式のように延々と繰り返される。 やがて包みが人間よりも大きくなったとき、小さな人間はアニメーションの石になる。 サウンドトラックは全て日本語の擬音語で構成されている。 時と記憶を物質化した"人工のもの"としての映画の探求。